バーチャルオフィスを使えば無理してオフィスを確保する必要なし

高いビル

起業するならまずはバーチャルオフィスを利用しよう

エントランス

専門的な知識やスキル、経験を生かして起業してみたいという気持ちがあるなら、バーチャルオフィスについて調べてみましょう。起業を希望してはいるものの、オフィス家賃の負担があまりにも大きく、起業するのは非現実的と考え、あきらめる人も多いです。しかし、ビジネスの内容次第では、バーチャルオフィスを利用して、特にオフィス物件を借りずとも起業できる可能性は十分にあります。オフィスコストという、ビジネスのアイデアとは無関係のところで起業をあきらめずに済むよう、予めどんなオフィスならやっていけるのか、検討しておく方がいいでしょう。
バーチャルオフィスは、事業用の住所、電話番号を利用料金を払って借りて、自分の事業用として活用できるサービスです。そのため、執務スペースとしては、自宅など、他に無料もしくは格安で使える場所を確保できている必要があります。例えば、専門知識を生かしてコンサル業を営む場合、講義と執筆などのネットでの情報提供がメインの収益源になるなら、敢えてオフィス物件に入居する必要はありません。バーチャルオフィスで十分でしょう。自分のビジネスの特徴とバーチャルオフィスの相性について、じっくり検討してみましょう。

コスパの高い経営のためバーチャルオフィスを活用しよう

自宅を拠点にビジネスを行う場合、名刺やウェブに自宅住所を載せて公開するのはかなりリスキーですので、バーチャルオフィスを使いましょう。ある程度の利用料金を払って、ビジネス向けに使えるアドレスと電話番号を借りられるサービスで、オフィス物件を賃貸するよりずっとリーズナブルです。バーチャルオフィスは、安全面への配慮からも使った方がいいサービスですが、もう一点、コスパのいい経営を実現する上でも重宝します。
オフィスの家賃にいくらお金を使っても、それで売上が大きく伸びるわけではないからです。試しに、ひと月分のオフィス賃料をすべて広告宣伝に回した場合、どの程度の見込み顧客にリーチでき、何件くらいの新規依頼、オーダーなどを得られそうか、数字で計算してみましょう。その数字をチェックすれば、バーチャルオフィス利用の経済性の高さがよく理解できるはずです。
バーチャルオフィスは、また、物件によっては、会議室などのリアルで使える便利な設備を備えたものも沢山あります。いざ、起業に向けて契約するバーチャルオフィスを選ぶ際には、利用可能な各バーチャルオフィスの設備仕様を事前にできるだけ細かく調べて、一番便利なところを探しましょう。

固定費の大幅削減に有益なバーチャルオフィス

バーチャルオフィスの利用を検討するタイミングとしては、起業の段階が多い印象があります。しかし、バーチャルオフィスとの契約は、経営のどのタイミングにおいても可能ですので、固定費削減を切実に実現したいビジネスオーナーも、是非、バーチャルオフィスの利用を考えてみましょう。使っているオフィスの契約更新のタイミングで賃料が上がることになった、もっとビジネスに都合のいい立地に移転したいなど、バーチャルオフィスへの切り替えを考える機会はいくつかあるでしょう。そんな時、ご自分の希望に合うバーチャルオフィスをいくつか探して、諸条件について比較・検討してみれば、最適な物件を絞り込めるでしょう。
実際、これまでオフィス家賃として負担していた金額とバーチャルオフィスの利用料金を比べてみれば、月々どれだけの資金のゆとりができるか、数字で具体的に把握できるでしょう。かなり大きな数字になると見込まれますが、その浮いたお金を宣伝、営業、スキルアップ等に充てれば、より生産的、合理的な経営を実現できるはずです。スタッフは各自自宅でのリモート勤務を原則とし、バーチャルオフィスをハブとして活用することで、スリムな経営スタイルを確立できるでしょう。

HEAD LINE

利便性が増しつつあるバーチャルオフィスを活用しよう

基本的に執務スペースとしては自宅があれば十分ではあるものの、ビジネス目的で利用できる住所と電話番号だけ調達したいなら、バーチャルオフィスを利用するといいでしょう。これは、バーチャルオフィスを利用する方法としては、一番基本的なものです。しかし、最近は、バーチャルオフィスの利便性はどんどん増してき…

自宅住所を使いたくないならバーチャルオフィスの利用がおすすめ

企業に勤めていても在宅で働かれる方も最近では増えてきていますが、そうした中で固定したオフィスや事業所を持たない企業や個人事業主の方も増加しています。殆どの方がパソコンやモバイル端末を持ちネット環境も整っている現在では、ネットが繋がる状況でさえあればわざわざ一緒の職場にいる必要は無いので、そうし…

住所と電話番号だけレンタルできるバーチャルオフィス

事業を行う時には会社の事業所の所在地である住所をどこにするのかという問題があります。専用のオフィスやお店があればそこを住所にすればいいのですが、フリーランスの方や起業家の方のように決まったオフィスを持っていない方の場合にはどうすればいいのでしょうか。一番簡単なのは自宅の住所を使う方法ですが、不…

バーチャルオフィスならビジネスチャンスを逃さない

事業によってはパソコンとネット環境があればオフィスは必要ないという状況はいくらでもあります。ただ会社としてやっていくためには、オフィスは必要なくても事業を行っている住所が必要です。その時プライベートな住所を知られたくないからといって、他人の住所を勝手に書くわけにはいきません。人によっては友人や…

TOP